内気で話が下手。声量が小さい人でも話し方やボイトレで改善されるもの?

内気で話が下手。声量が小さい人でも話し方やボイトレで改善されるもの?

MENU

内気で話が下手。声量が小さい人でも話し方やボイトレで改善されるもの?

内気で自分から積極的に話すことがなく話しが下手で、声量も小さいです。声の悩みと話し方の両方を改善できるのでしょうか?

■インナーマッスルを鍛えるトレーニングで声量アップできる!
声量の小さい人や話し下手だと学校や職場でも面倒が起ることもありますよね。
「何を言っているのか分からない!はっきり大きな声で!」と、言われることも多いと思いますが、そんな時、余計に委縮し声が出なくなってしまうでしょう。

 

声が小さい原因は、内気な性格と話下手も関係しますが、肺から声帯を通して十分な空気が送られず、息を出すための筋肉が弱い、肺活量が小さい、または肺から十分な量の空気は送られていても、声帯が閉じていないため空気が漏れ声帯が充分に振動しないのも原因です。

 

そんな悩みの人も改善方法はあります。
ボイストレーニングで発声のためのインナーマッスルを強化し、呼気の流れの抑制、声帯・舌・口などの動きの抑制の訓練をします。
そうすると、声が大きくなり滑舌も良くなったり語尾をハッキリ発音できるようになるのです。
驚くことに丁寧に落ち着いて話せるようになり、性格が前向きになったりという効果も期待できる人もいます。

 

 

■話すためのボイトレに通うことが近道!
ボイストレーニングは、話し方教室に通う方法もありますが、他には書籍、便利なネットからも情報収集ができますよね。

 

しかし、最初は話し方教室などが近くにあるのであれば、講師から直接指導を受ける方が最善です。
内気な性格であればなおさら、ネットの情報や本だけに頼るのではなく、対面での指導によって声の出し方、姿勢の改善などが目に見えて変わってきます。

 

ちなみにボイストレーニングで、人は誰でも声の出し方を変えることで声の質を変えることができます。
声をより良い声にするに発声練習がボストレーニングであり、歌手のためのボイトレと話すためのボイトレがあります。

 

ここでは、話すためのボイトレですが、様々な感情表現を自然に行う発声ができるよう訓練することが重要です。

 

学校、職場で適切な声の大きさ、声の高さ、滑舌のよい明るい声で発声できるのが目標です。

 

小さな声の改善方法は、息を出すための筋肉を鍛える、リラックスしながら声を出す、
息を出すタイミングを声を出すタイミングを調整など、音声改善トレーニングが良いようです。

 

これもまた人によって違うので、講師に直接指導してもらうのが一番の近道です。

 

 

>>声量アップも内気な性格も改善!おすすめ話し方教室

スポンサードリンク

関連ページ

実のところ話し方教室って何するところ??
実のところ話し方教室って何するところ??話し方教室って一体なんなの??という疑問にお答えします!
ボイトレと話し方ってレッスン内容は違うもの?
ボイトレと話し方ってレッスン内容は違うもの?なのでしょうか?
グループレッスンとマンツーマンレッスンどっちがいい?
グループレッスンとマンツーマンレッスンどっちがいいのでしょうか?
話し方を変えるだけであがり症は治るの?
話し方を変えるだけであがり症は治るのでしょうか?
話し方教室でコミュニケーション能力は上がるの?
話し方教室でコミュニケーション能力は上がるのでしょうか?